塗装後、鏡面処理のため

001_201611162125189a8.jpg

2000番相当での研磨を終えています。
この後3000番で磨きコンパウンドを使った磨きに入る予定としています。
しかしルーフは

006_201611162125238e5.jpg

またまた塗膜の浮きが出て
※白のマーカーで囲った部分です。

011_20161116212542dc7.jpg

処理をやり直しています。
よく確認してみると

010_2016111621254201a.jpg

納車時に塗ったと言っていた塗膜(画像で言うと2回目)の下(画像で言うと1回目)が純正と思っていましたが、純正の塗膜はまだその下でした。
なので浮いていた箇所は防錆コートまで削る必要がありました。
これで

014_20161116212545b7e.jpg

塗膜の浮きは無いと思いますので、明後日には塗装に入りたいと思います。
それと

004_20161116212522161.jpg

飛び石の傷も出来る限り処理して行く予定です。
次に気にしていた

002_20161116212520eea.jpg

見栄えが悪いコンデンサーですが、よく見ると

003_201611162125233b6.jpg

潰れているフィンは腐食しているので単純に起こしただけでは綺麗にならないと思いますので、グリル越しにどの程度見えるのかを確認してからどうするか考えたいと思います。
最後にラジエーターですが

012_20161116212544101.jpg

ボンネットを開けて見えるのはサイドタンクの一部なので、アルミ製の物に交換してもあまり目立たないと思います。
しかしLINEで送られて来たラジエーターだと電動ファンタイプなので、ファンシュラウドやファンカップリングが無くなるのでかなり目立つ状態になると思います。
残るハードルは予算的な物なので、個人輸入ルートなら幾らになるか確認しておきます。
関連記事
スポンサーサイト