エンジン内部の確認を終えて何点か画像を送ってもらっているのでアップしておきます。
まず思った以上に状態が良くなかったフロントサイドハウジングですが、

2_20151111191032c4c.jpg

3_20151111191033ade.jpg

正確な数値は聞いていませんが摺動面の摩耗が限度値を超えていたようです。
画像の指しているところだと限度値が0.1mmです。
インターメディエイトハウジングの画像も送って来ていますが、

1_201511111910309cf.jpg

こちらは限度値内だったようです。
それとローターハウジングにも一部

4_2015111119103458e.jpg

トロコイド面の剥離や損傷があり再使用はしない方が良いそうです。
以上の事から今回は予算の制約もありフロントサイドハウジングは新品、フロントローターハウジングは程度の良い中古を使用する予定です。
リア側は完全にブローしていましたのでリアローターハウジング及びリアローターを程度の良い中古を使いO/Hします。
最後にブローしたエンジンは下取り出来ないので、リビルトエンジンを注文すると+7万必要になるので今回は予定通りO/Hプランでお願いしています。
関連記事
スポンサーサイト