デフのサイドシールからのオイル漏れの修理ですが、以前ベアリングの交換のために

010_201505231703518b0.jpg

一度取り外した痕跡がありました。
その際に凸部分が出来た上に液体パッキンを使用しなかったために本来なら外部に漏れるオイルがブレーキシュー側に回って来たと思われます。
なので取り付ける際には

013_20150523170352288.jpg

凸部を面取りして

014_2015052317035487d.jpg

液体パッキンを使用して取り付けています。
これでもしオイルが漏れてもブレーキシューを汚す事はないと思います。
しかし以前に取り外した際に付いたと思われる

017_201505231704106e0.jpg

傷があったり全体的に

009_20150523170349d96.jpg

錆びていたりと状態が良くないので半年に1度程度の点検を行ってください。
オイルで汚れていたブレーキシューは

015_2015052317040889f.jpg

清掃後乾燥させてから再使用していますが、

008_20150523170348513.jpg

自動調整だけでは効きが甘かったので調整し直しています。
最後にドアミラーですが、慎重に作業を行いましたが取り外した際に

018_20150523170412bd9.jpg

元の台座の跡が一部傷となっています。
取り付けた後確認しても

021_20150523170414cb2.jpg

僅かに見えるのはご理解お願い致します。
関連記事