高速での試乗を再度行ってみましたが、やはり4速4500回転時0.5kg/cm2だったのが4速6000回転時には0.3kg/cm2と全体的にブーストが低く、セカンダリーが動き出してからはブーストが下がる傾向のままでした。
前回は試乗後時間を置いてからテスターを繋いでいましたが、念のためまだエンジンルームが熱い状態時に

DSCF7333.jpg

テスターを繋いで確認していますが、正常でした。
そう言えばノック音は特に気になりませんでしたが、ネットに「ノックセンサーが壊れてノック信号の誤作動」と言った記事を見かけたので、念のためノックセンサーを確認してみると

DSCF7334.jpg

樹脂が溶けて中のネジが見える状態になっていました。
なのでここに関しては急ぎ部品を注文しています。
現在部品の入荷待ちの状態なので、その間に

DSCF7332.jpg

ウインカーやハンドルのセンター合わせなどを行っています。
関連記事