試乗後に出た故障コードの修理をするため

DSCF6999.jpg

工場内に入れてソレノイドバルブの取り替えに入っています。
まず取り外す前に再度テスターで確認してみると

DSCF7001.jpg

ソレノイド・バルブ(PRC)系統で間違いなかったので、

DSCF7003.jpg

ユニットを取り外してPRCソレノイドの抵抗を測ってみると

DSCF7004.jpg

導通無しでした。
事前に

DSCF7006.jpg

PRCとCCNTのソレノイドバルブは取り寄せていたので交換に入りましたが、一部のソレノイドから

DSCF7007.jpg

オイルが流れ出たので、念のため全てのソレノイドを点検してみると

DSCF7005.jpg

正常なのは3個だけでした。
※1個は抵抗値が正常な物の倍近くあったので△とさせてもらっています。
なので急遽FEGCの方を追加で2個注文掛けています。
※使われているソレノイドはFEGC-18-741が4個、B6AT-18-741が3個です。
ソレノイドからオイルが出たのはこの車両が初めてですが、サクションパイプ内などに

DSCF7002.jpg

オイルが溜まっていたので、もしかするとこの辺りが原因かもしれません。
関連記事