朝から持込されていた

DSCF6489.jpg

カナードの取り付けに入っています。
取説ではカナードとバンパーの端を合わせるとなっていましたが、

DSCF6496.jpg

上を合わせると端が画像の通り2cm近くズレるので、先に

DSCF6493.jpg

上部の穴を開け、そこを固定してから下2箇所の位置決めを行っています。
しかしカナードとバンパーの形状が完璧に合わないため、

DSCF6494.jpg

真ん中辺りで僅かに浮いています。
一応

DSCF6497.jpg

右側の取り付けは終わりましたので、

DSCF6495.jpg

画像の個所を左右合わせる形で

DSCF6498.jpg

左の取り付けを終わらせています。
昼からは昨日塗装を終えていた

DSCF6499.jpg

ディフューザーの取り付けに入っています。
前オーナーが付けていたステーだとステーが見えたり、ディフューザーが下がった位置になってしまうので、ステーを作り直して

DSCF6500.jpg

見えなくなるようにしています。
それとかなり持ち上げたので、

DSCF6503.jpg

バンパーや

DSCF6504.jpg

パネルに僅かに干渉していますが、材質がPPなので問題無いかと思います。
これで

DSCF6501.jpg

DSCF6502.jpg

ディフューザーの取り付けが終わりましたので、引き続き

DSCF6492.jpg

取り寄せていたワイトレの取り付けに入っています。
今回使用するのは日本製で、車体のハブ(67mm)に収まるサイズにしているのでご安心下さい。
それとホイールにハブボルトの逃げが無かったので、ハブボルトは14mmの長さに合わせて

DSCF6505.jpg

切断しています。
15mmでも良かったのですが、0.1mmでも長すぎるとホイールと干渉するのであえて14mmにしています。
一応付属されていたナットのネジ山部分は全てハブボルトに

DSCF6507.jpg

噛んでいるので大丈夫かと思います。
関連記事