車検時に見つかった冷却水漏れの修理で入庫している

DSCF6432.jpg

チェイサーですが、雨が止んだ一昨日から

DSCF6437.jpg

作業に入っています。
タイミングベルトが

DSCF6433.jpg

トヨタ純正だったので念のため確認していますが、

DSCF6434.jpg

黄色のマーキングを使っていたので、一度交換しているのは間違いなさそうです。
しかしその際に

DSCF6438.jpg

ウォーターポンプを始めカム及びフロントのオイルシールなどは交換してないようなので、現在

DSCF6439.jpg

DSCF6440.jpg

カバー内は画像の通りオイルでかなり汚れていました。
一応ウォーターポンプを取り付け後

DSCF6445.jpg

オイルポンプを中心にパーツクリーナーを使い

DSCF6447.jpg

洗浄しています。
そのウォーターポンプですが、ネットで売られている物と余り金額が変わらなかったので

DSCF6441.jpg

今回は日立製の物を使用しています。
それと付属されたガスケットがメタルでしたので、

DSCF6443.jpg

取り付け面を綺麗にしてから液体パッキンは使用せずに取り付けています。
取り外したウォーターポンプは

DSCF6442.jpg

画像の状態で、僅かに冷却水が漏れていました。
それとウォーターポンプの取り付け時に気が付きましたが、サーモハウジング下のガスケットからも

DSCF6449.jpg

冷却水が滲んでいました。
流石にここのガスケットは入手不可だと思いますので、後日ガスケットシートから切り出す予定です。
関連記事