昨日の内に対策部品の方は

DSCF6395.jpg

入荷していて、本日リビルト品のオルタネーターを

DSCF6401.jpg

お客様が持込してくれたので、急ぎ

DSCF6396.jpg

DSCF6400.jpg

取り替えに入っています。
パイプからの冷却水漏れは

DSCF6397.jpg

現車にて確認してもらっていますが、パイプを

DSCF6398.jpg

取り外して確認してみると

DSCF6402.jpg

別の個所からも漏れていたので、今回対策部品に交換して正解だったと思います。
取り外した

DSCF6399.jpg

オルタネーターはコア返却用の箱に入れて車に積んでおきます。
全ての取り替えが終わった後

DSCF6405.jpg

冷却水を入れてエア抜き作業に入っていますが、今までの苦労が嘘のように簡単に出来ました。
丁度

DSCF6410.jpg

動かなかった水温計も動き始めたので、このまま1時間程度試乗を行いましたが、A/Cを入れて坂道を上った時以外は問題ありませんでした。
因みに上記の条件の時は一時105度まで上昇しました。
今のところ

DSCF6412.jpg

冷却水の滲みもないので、明日最終確認を行い納車したいと思います。
関連記事