中古で取り寄せていた

DSCF5908.jpg

ホースメントを取り付けて下さいと言われていたので、まずは車両の方に

DSCF5909.jpg

取り付けて、N-1カウルのどこが干渉するか確認を行う事にしました。
何箇所かは経年劣化で

DSCF5911.jpg

割れていましたが、とにかくカウルを被せてみると

DSCF5937.jpg

ありとあらゆる所が干渉してどこを加工して良いのか分かりませんでした。
なので雨宮に

DSCF5938.jpg

加工の図を送ってもらいました。
点線で囲われた箇所を切断して行くだけですが、内側はハニカム構造になっていて

DSCF5941.jpg

切り取るだけでかなりの時間を要しました。
真ん中部分は

DSCF5942.jpg

下側を繋がった状態で残す予定でしたが、エアソーが届かなかったので強度は落ちますが

DSCF5940.jpg

前期型の図のようにカットしました。
関連記事