朝一に

DSCF5442.jpg

補器類の取り付けを終え、午前中の内に

DSCF5444.jpg

エンジンの始動が出来る状態にまで戻しています。
昼からエア抜きついでに故障コードの確認をしてみると

DSCF5448.jpg

BCMの方に1つ入っていましたが、これはお客様が何かされた時に入った物と思われます。
一度消すと再表示はされず、現在は何も異常は無いのでご安心下さい。
それとオーディオのボリュームが勝手に大きくなったりしていたのは

DSCF5449.jpg

ステアリングボスの配線が原因だと思います。
おそらく純正のステアリングに付いていたボリュームスイッチが外された時から異常が出ていたと考えられます。
現在は配線を切り離す事によって正常になっていますので、当面これで様子を見て下さい。
一応年内に出来る事は

DSCF5454.jpg

終わらせていますので、これで納車したいと思います。
関連記事