全体をサフをスプレーパテの粘度で

DSCF5100.jpg

塗装した後に最終確認を行っていると、前方からは気にならなかった個所に

DSCF5102.jpg

ひび割れや

DSCF5101.jpg

塗膜割れ、

DSCF5103.jpg

補修跡などが見つかりましたので、簡単に

DSCF5104.jpg

スポットパテを盛っています。
繰り返しになりますが、完全に補修する場合には下地からやり直す必要があるので、今の補修の仕方の場合数か月で何箇所かは必ず補修跡が見えるようになると思いますが、その辺りについては予算の絡みもあるのでご理解お願いします。
関連記事