部品が揃ってからと考えていましたが、出来る範囲で作業を進めて行きたいと思い

DSCF5070.jpg

少しずつやっています。
まずは

DSCF5075.jpg

分解を終えていたエンジンですが、元々

DSCF5071.jpg

錆が酷く、ステアリングシャフトやメンバーなども

DSCF5072.jpg

画像の通り錆が出ていました。
下回りと違い全ての錆の防錆処置を行うのは不可能ですが、出来る限りやって行く予定です。
それとエンジン側のポートは

DSCF5077.jpg

鋳型のザラ面を粗削りしただけで、ポート自体は拡大されていませんでした。
インマニ側は

DSCF5080.jpg

手付かずの状態でしたので、ガスケットは

DSCF5082.jpg

純正の物を加工せずに使用しています。
後、画像の箇所の

DSCF5081.jpg

Oリングも再使用が出来ないので、

DSCF5078.jpg

当社在庫のOリングセットから必要な物だけ使用しています。
この後インマニの取り付けに入っていますが、ACVなどを塞いでいた

DSCF5079.jpg

パネルは全て取り外してから

DSCF5083.jpg

取り付けています。
※ここに付く触媒に繋がる配管は用意出来ていますが、ACVは未だ入手出来ていません。
次にタービンですが、タービン自体は

DSCF5086.jpg

ハイフロタービンを用意していましたが、それを取り付けるのに必要な配管などが現時点で全く揃っていません。
今用意出来ているのは

DSCF5089.jpg

画像の物ですが、エキマニは

DSCF5087.jpg

ボルトが折れ込み、排気温度センサーの穴が

DSCF5088.jpg

開いている物しかありませんでした。
折れボルトは

DSCF5090.jpg

一応取り除いていますが、僅かにネジ山に傷が残っています。
とにかくタービンを取り付けるに当たって3箇の所配管とバンジョーボルトなどが必要になり、引き続き中古で探しているのでもう暫くお待ちください。
関連記事