先のオイル漏れの確認を行った際に電話にて気にされていた個所の確認も行っています。
まずアッパーボールジョイントブーツですが、荷重が掛かっている状態では

DSCF4508.jpg

グリース漏れも無く、今のところ問題無さそうです。
次にご自身で付けられた言われていたフォグランプも

DSCF4510.jpg

ボルトに少し無理がありますが、きちんと固定されているので問題無いと思います。
次にスロットルボディですが、エンジン回りの作業に入る前に故障コードの確認を行っていますが、

DSCF4497.jpg

P0453の故障コードが入っていました。
一度消すとコードは消えたので一過性の物かと思いますが、再入力されるようであれば修理に入る必要があるかと思います。
スロットルボディは前回の車検時だったか一度は表から簡単に清掃していたので

DSCF4511.jpg

見えている側はそれほど汚れているようには見えませんでした。
しかし

DSCF4512.jpg

取り外して裏側を見てみると

DSCF4513.jpg

予想通りカーボンで真っ黒になっていました。
ACV側も

DSCF4514.jpg

酷かったので、とにかく落とせる限りのカーボン汚れを

DSCF4517.jpg

DSCF4518.jpg

DSCF4519.jpg

落としてから元に戻しています。
パッキンは再使用せずに

DSCF4520.jpg

新品を使用していますのでご安心下さい。
そう言えば作業中に気が付きましたが、ステーが

DSCF4521.jpg

折れていてオイル給油口がグラついていました。
もしかしたらヘッドカバーがオイルで汚れていたのはこの辺りも原因の一つかもしれません。
関連記事