スロットルバルブの清掃を行うため

DSCF4483.jpg

カバーの取り外しに掛かっています。
運転席側のスイッチには

DSCF4482.jpg

2本しか繋がっていなかったので、戻す時も同じようにしておきます。
それと運転席のスイッチの反応が悪く

DSCF4481.jpg

現在一番後ろまで動かしていますが、前に動くかは不明です。
カバーを

DSCF4484.jpg

外すとようやくスロットルボディが見えますが、ヘッドカバーからの

DSCF4485.jpg

DSCF4487.jpg

オイル滲みも確認出来ました。
インマニの箇所からも

DSCF4486.jpg

滲んでいるように見えますが、ヘッドカバー上部に付いている

DSCF4488.jpg

オイルから考えるとブローバイガスによる汚れかもしれません。
この辺りに関してはスロットルボディの作業に入る時に良く確認しておきます。
関連記事