始動不良及びアイドリング不調が原因で、レッカーで運ばれて来てから

DSCF4465.jpg

約1週間経ちますので、現在の状況を説明しておきます。
工場に入庫した時は確認してもらった通り、始動及びアイドリングも正常でした。
なので先にプラグを確認してみると

DSCF4468.jpg

DSCF4467.jpg

1~6番まで煤けて真っ黒になっていました。
なので始動不良は燃調が希薄ではなく濃かった可能性があります。
とにかくエンジンを掛けれる状態に戻すため、プラグを

DSCF4470.jpg

清掃して、以前から取り寄せていた

DSCF4471.jpg

プラグコードの取り替えに入っています。
左バンク側が

DSCF4472.jpg

かなり手間取りましたが、どうにか

DSCF4473.jpg

取り替えを終えました。
しかしエンジンを始動してみようとしたら初爆も無く、何回スターターを回しても掛かる気配すらありませんでした。
結局スターターを回す事10回目辺りで突然普通に始動出来ましたが、始動出来た直後の排ガス数値は

DSCF4474.jpg

上の画像で、全く濃い状態にはなっていませんでした。
暖気中に一時

DSCF4478.jpg

COが上がる事もありましたが、暖気後は

DSCF4479.jpg

正常な数値になっています。
30分ほどアイドリングで放置した後の1番のプラグが

DSCF4480.jpg

画像の状態で特に煤けている感じはありませんでした。
現在はまた始動もアイドリングも正常な状態が続いていて、入庫後に問題が出たのは先の始動不良のみです。
関連記事