動かなかった右側のパワーウインドウは

DSCF3651.jpg

内張を外して

DSCF3652.jpg

モーターやレギュレーターを

DSCF3653.jpg

確認してみましたが、問題ありませんでした。
なのでそれ以外の配線やスイッチの確認を行った結果、原因はスイッチでした。
次にテストセンターで分かった事ですが、光量が左右とも3000カンデラしか出てなかったので
※保安基準は6400カンデラ以上です。

DSCF4369.jpg

バルブを外して

DSCF4370.jpg

確認してみましたが、アジア産の物ではなくPHILIPS製の物が使われていました。
ヘッドライトにはまったく曇りがなかったので、ダメ元で

DSCF4360.jpg

同じ物を取り寄せて、交換後車検に行って来ました。
今回は左右とも13000カンデラ近く出ていたので、原因は単純にバルブだったようです。
関連記事