今回は代車を出していなかったので、先に車検だけでも終わらせて、代車の用意が出来てから修理しようと思い

DSCF4345.jpg

ライト周りだけ修正して車検に行って来ました。
※代車は必要ないと言われたので、このまま修理に入らせてもらいます。
まずウインカーですが、アンバー色のレンズに

DSCF4368.jpg

アンバー色のLEDでは点滅の確認が困難だったので通常のバルブに交換しています。
それとフォグライトは4個付いていても2灯ずつ点灯を切り替えられれば問題無いのですが、現在の配線では2灯か4灯かになっていたので

DSCF4367.jpg

2灯外させてもらっています。
後、ヘッドライトですが、右側はどうにか光軸、光量ともギリギリ合格出来ましたが、左側は光軸が右に寄っていて目一杯左に調整してみましたが、それでも合わせ切れず光量も1000カンデラ程しか出ませんでした。
※保安基準は6400カンデラ以上です。
2019/9に取り付けたLEDバルブが駄目なのかと思いハロゲンバルブに変えてみましたが殆ど変化ありませんでした。
なので今回は

DSCF4372.jpg

ヘッドライトの爪を外して、ヘッドライト自体が

DSCF4371.jpg

左に向くようにしてラインを通しています。
但しこのやり方では光量は問題無くなりましたが、テスター上では光軸が左に寄っていると言われ、何度か調整し直してバランスの取れたところで合格をもらっています。
※電話にて説明した通り検査員に令和6年8月1日以降の車検では合格出来ないと言われました。
次に車検整備の時に

DSCF4361.jpg

リフトに上げて下回りの確認をしていますので、何点か画像をアップしておきます。
まず言われていたオイル漏れですが、2019/82021/10の時に確認出来ていたオイル漏れは

DSCF4363.jpg

DSCF4364.jpg

少し進行している程度でしたが、今回新たに

DSCF4365.jpg

DSCF4362.jpg

画像の2箇所からオイル漏れが見つかりました。
特にオイルクーラーホースからのオイル漏れは酷いので、急ぎ部品の注文を行っています。
それ以外の箇所は費用的に高くなりそうなので、電話にてお伝えした通り先に見積もりを出してみます。
関連記事