補修していたFRPは剥がしていましたが、その上から盛っていたパテも補修の邪魔になりそうでしたので

DSCF4121.jpg

完全に取り除いています。
何故このような穴が開いたのかは不明ですが、このせいで

DSCF4224.jpg

画像の形状が失われていました。
なので左右同じ寸法になるように

DSCF4222.jpg

FRPで補修してから隙間をスが出来ないようにファイバーパテで

DSCF4225.jpg

埋めています。
その後右側と同形状になるように

DSCF4230.jpg

成形しています。
※表面のスはポリパテで埋めて成形するのでご安心下さい。
それと隙間が埋まっていて高さが数mm小さくなっていたのも

DSCF4229.jpg

2mm程度の隙間が出来て左右同じ高さになっています。
それと大きく

DSCF4223.jpg

欠けていたフェンダーとの当たり面もファイバーパテで

DSCF4231.jpg

大まかな形を成形しています。
関連記事