車検でお預かりしている

DSCF4054.jpg

NV350ですが、マフラーの事を気にされていたので先にその確認から入っています。
言われていた通り

DSCF4056.jpg

テールパイプに擦った跡があったので、これが原因でマフラーが動いたのかと思いましたが、

DSCF4057.jpg

マフラーハンガーの真ん中に吊りゴムがあるので動いたとは考え難いです。
マフラー全体を見ても

DSCF4058.jpg

特に問題は無かったのでテールパイプが下がって奥に入ったと言われていた件の原因は分かりませんでした。
一応伸びた吊りゴムを

DSCF4075.jpg

目一杯ホースバンドで持ち上げていますが、余り見た目は変わってないと思います。
次に切れていた

DSCF4055.jpg

右フロントのドライブシャフトブーツですが、まずドライブシャフトの取り外しに掛かりましたが、

DSCF4060.jpg

前回と同様、プーラーが曲がる程の力を掛けても抜けませんでした。
なので作業工程も前回と同じやり方で

DSCF4062.jpg

交換しています。
それと

DSCF4063.jpg

ブレーキパッドの残量が1mm以下になっていましたので、

DSCF4072.jpg

新品に交換しています。
次に冷却水漏れを起こしていた

DSCF4064.jpg

ラジエーターのタンクですが、

DSCF4065.jpg

取り寄せていた新品に交換するため

DSCF4066.jpg

運転席を外して取り替え作業に入りましたが、ラジエーターから出ているニップルが

DSCF4067.jpg

ホースバンドを触っただけで折れてしまいました。
折れた先を見てみるとひびが入っていて

DSCF4068.jpg

少しでも力を加えると砕けそうでした。
しかしいつもの事ながらお預かり出来る日数が限られているので、今回は樹脂用の接着剤を使って

DSCF4070.jpg

元の形に戻して

DSCF4071.jpg

取り付けています。
エア抜きを兼ねて1時間ほどエンジンを掛けていても

DSCF4077.jpg

今のところ問題無さそうなので、当面は問題無いかと思いますが、近い内にラジエーターの取り替えをお勧めします。
外したタンクを見てみると

DSCF4073.jpg

かなりの量が漏れていたように思われます。
後、エンジンオイルが減っていたのは

DSCF4074.jpg

抜けたオイルの量からしても前回の修理で改善されていると思います。
しかしロアボールジョイントブーツが左右とも

DSCF4059.jpg

切れているのでこれは次回車検時には交換が必要になるかと思います。
今回は切れている個所が小さかったのでゴム系のパッキンで塞いでいます。
最後に右ウインカーのLEDが3箇所

DSCF4076.jpg

暗くなったりする時があるので、常時なるようであれば交換が必要になると思います。
それと言われていたステッカーは

DSCF4082.jpg

貼り直していますが、下地が凸凹で綺麗に付いていません。
関連記事