納車日が近づいて来たので、事前に取り寄せていた

DSCF3909.jpg

ガスケットを使い

DSCF3910.jpg

ウォーターポンプ部分からの冷却水漏れの修理に入っています。
液体パッキンで

DSCF3916.jpg

補修されていたので、それを取り除いてみると、

DSCF3921.jpg

カバーの一部に傷がありました。
なのでガスケットには

DSCF3922.jpg

シリコン状のシールが付いていましたが、これだけでは心配でしたので、今回も軽く

DSCF3923.jpg

液体パッキンを併用して取り付けています。
関連記事