本日現車確認及び試乗は終えていたので、内外装の画像は省き、

DSCF2308.jpg

リフトに上げて下回りなどの画像をアップしておきます。
その下回りですが、

DSCF2309.jpg

長年四国内で使用されていた車両なので錆などは

DSCF2312.jpg

気にしなくても大丈夫かと思いますが、残念ながら

DSCF2311.jpg

フロントメンバー右前辺りと

DSCF2310.jpg

フロントメンバー右後ろ辺りの2箇所にオイルによる汚れがありました。
前側はギヤボックスからではなく

DSCF2318.jpg

その上からのようでしたので、エンジンルーム側から確認してみると

DSCF2320.jpg

ブローオフバルブからでした。
後ろ側は

DSCF2319.jpg

コンプレッサーハウジングとサクションパイプ間のガスケットからでした。
一見タービンからオイルが出ているように思えますが、今までの経験からしておそらくブローバイガスだと思います。
それと車高調はテインとお伝えしていましたが、テインを入れたのはGT-Rの方で、こちらは

DSCF2313.jpg

クスコでした。
気になる圧縮ですが、O/Hをしてから約9年経つのでやはり

DSCF2315.jpg

DSCF2317.jpg

ここまで下がっていました。
しかし圧縮測定のため取り外したT側のプラグを見る限り

DSCF2314.jpg

カーボンデポジットが出ていたので、燃焼室内の清掃を行うと少し上がる可能性があります。
関連記事