前回ガス漏れが確認出来ていた高圧パイプを取り外すため

DSCF2065.jpg

再度リフトに上げています。
その高圧パイプですが、取り外して汚れを拭き取ってみると

DSCF2066.jpg

ホースが擦れていた所が薄くなって亀裂が出来ていました。
なのでこの高圧パイプを注文していましたが、奇跡的に在庫が1個だけあり、それが

DSCF2067.jpg

届きましたので、急ぎ取り替えに入っています。
新しいパイプを見ると、ホースが干渉する箇所に

DSCF2068.jpg

保護テープが巻かれていました。
高圧パイプを

DSCF2069.jpg

交換後、ダメ元で

DSCF2070.jpg

真空引きをしてみましたが、数十分で

DSCF2072.jpg

低圧側が先に大気圧に戻って行くのが確認出来ました。
先に低圧側と言うのが

DSCF2077.jpg

エアコンサイクルの図を見ると引っ掛かりますが、とにかく以前から漏れが確認出来ていた

DSCF2078.jpg

コンデンサーの確認を行っています。
取り外して

DSCF2081.jpg

確認してみるとコンデンサーの2/3程がコンプレッサーオイルで汚れているのが良く分かるかと思います。
念のため裏側からもブラックライトで確認していますが、

DSCF2082.jpg

表と同じように蛍光剤が反応するので、やはりこちらも交換しなければ駄目だと思います。
関連記事