エンジンマウントは隙間に

DSCF2073.jpg

カラーを入れて規定トルクで固定出来るようにしています。
その後プロペラシャフトなどを組付け

DSCF2074.jpg

下から出来る作業はほぼ完了しました。
ステアリングのシリンダーがオイルパンに干渉していたのはサスアームが動けば隙間が出来るはずなので、おそらく問題無いと思います。
これで一度リフトから下ろす予定ですが、

DSCF2062.jpg

タイヤのサイドウォールに

DSCF2063.jpg

コブが出来て僅かにエアーが漏れていたので、

DSCF2061.jpg

以前取り寄せていた中古のタイヤに

DSCF2086.jpg

交換しています。
関連記事