昼から圧縮測定などを行っている

DSCF1708.jpg

FD3Sですが、先に言われていた

DSCF1710.jpg

補機ベルトの交換に入っています。
その際に電話にてお伝えした通り

DSCF1712.jpg

セパレータータンクのパイプ部分が触れた程度で折れてしまいました。
取り外して確認してみると

DSCF1714.jpg

経年劣化で樹脂が脆くなっていました。
以前から微かにクーラント臭がしていたのはここが原因だったようです。
それと接着剤で固定していた個所も、少し力を加えただけで

DSCF1713.jpg

外れる状態でした。
後、サクションパイプも

DSCF1709.jpg

かなり痛んでいて、もしかすると2次エアーを吸っていた可能性があります。
しかしこのサクションパイプはかなり高額なので、さきにセパレータータンクのみ注文しています。
次に気になる圧縮ですが、T側のプラグを見る限り

DSCF1716.jpg

少し燻ぶっていたので3年半前よりかなり下がっていると思いましたが、

DSCF1717.jpg

DSCF1718.jpg

思ったよりは高い数値をキープしていました。
しかしプラグ交換をするためL側も外してみると

DSCF1721.jpg

T側同様少し燻ぶっていましたので、たまには高速道路などを走行してみて下さい。
関連記事