車検でお預かりしている

DSCF1608.jpg

シビックですが、先に

DSCF1609.jpg

下回りの確認を行っています。
ブッシュなどは納車時に全て交換しているので、ゴム類には問題無いと思いますが、この間お伝えした通り

DSCF1611.jpg

エンジンとミッションの繋ぎ辺りにオイルが付いていました。
オイルパン後方に

DSCF1614.jpg

オイルの汚れがあり、前方からは僅かに

DSCF1610.jpg

滲んだオイルが確認出来たので、オイルパンから漏れたオイルが伝って付いた物かと思いましたが、

DSCF1615.jpg

オイルパンとオイルが付ている個所の間が乾いているので伝った物ではないようです。
そうなるとリアのクランクオイルシールから漏れてエンジンとミッションの繋ぎにある穴から伝ったと考えられますが、それを確認するためにはミッションを下ろす必要があるので、今のところ特定には至っていません。
最近県外のサーキットまで自走で行き、レーシングスピードで走られた割にはオイルの滲みは少なかったので、ここに関しては夏のマフラー加工時まで様子を見たいと思います。

次に冷感時の異音ですが、数秒間は確認は出来ましたが、それがどこから出ているのかは判断し兼ねています。
音の感じから

DSCF1612.jpg

補機ベルトのような感じはしますが、ベルト自体は

DSCF1616.jpg

新しく、テンションも緩んでいないので、現在他の原因も考え

DSCF1613.jpg

エキマニに干渉しているステーなどの確認を行っています。
そう言えば最低地上高は

DSCF1619.jpg

12cmとかなり余裕がありますが、この車高で4輪アライメントを取っているので、あえて車高は触らないようにします。
関連記事