本来ならメーターフードカバーを固定して納車の予定でしたが、時計が付いているカバーを外した状態だと固定が出来ませんでした。
なのでカバーを元に戻したいところですが、取り外す際に経年劣化で

DSCF1231.jpg

爪の部分が全て割れてしまいこのままでは固定が出来ませんでした。
一応割れた個所を接着剤で

DSCF1234.jpg

元に戻し、追加メーターの上にカバーを置いてみましたが、

DSCF1236.jpg

メーターが干渉して3cm近い隙間が出来る状態でした。
なので干渉する箇所を

DSCF1237.jpg

加工して

DSCF1250.jpg

どうにか

DSCF1239.jpg

収まるようにはなりました。
それにしてもこのカバーのプラスティックは脆く、加工の振動で

DSCF1240.jpg

3か所ほど新たに割れてしまいました。
隙間が大きいので、まだメーターフードを加工したカバーにどうやって取り付けるか決めていませんが、まずは厚めの両面テープでやってみます。
関連記事