昨日の内に

DSCF0482.jpg

タービンの取り付けは終わっていましたので、朝からヘッドを載せる準備に入っています。
以前の記事でもアップしましたが、ウォータージャケットの角が

DSCF0483.jpg

腐食していたので、痛んでいるウォータージャケット周りのみ

DSCF0484.jpg

専用の液体パッキンを使用して

DSCF0485.jpg

ヘッドを取り付けています。
この後

DSCF0489.jpg

タイミングベルトなどの取り付けを終え、

DSCF0491.jpg

エンジンの始動確認が出来る状態まで一気に組み上げています。
その際にスパークプラグを交換した方が良かったかと思いましたが、色々と部品代が掛かっているので

DSCF0490.jpg

今回は清掃してから再使用しています。
この後エンジンの

DSCF0494.jpg

始動確認が取れたので

DSCF0493.jpg

残っていた部品などを組付けて、点火時期などの調整を行い作業は全て完了しました。
明日冷却水漏れが直っていたら納車出来るかと思います。
関連記事