お客様が用意した中古の

DSCF0414.jpg

ドライブシャフトの取り替えで入庫している

DSCF0415.jpg

スカイラインですが、午前中にバイトの方にやってもらっていましたが、どれだけ力を加えても

DSCF0413.jpg

ハブからドライブシャフトが抜けないとの事で昼から私が変わって作業を進めています。
ハンマーで叩いた程度では駄目だったようなので

DSCF0422.jpg

ドライブシャフトプーラーを用意してみましたが、プーラー自体が厚過ぎて固定が出来なかったので、再度違う工具店に行き

DSCF0425.jpg

ハブボルトに掛かる部分が薄いものを購入して来ました。
これで

DSCF0427.jpg

固定は出来たので、センターボルトを目一杯回してみましたが

DSCF0428.jpg

DSCF0429.jpg

ボルトの頭が潰れた上、ドライブシャフトの先端も

DSCF0430.jpg

押されてネジ山が潰れてしまいました。
割りピンの穴の真ん中辺りまでネジ山が変形していたので、仕方なく

DSCF0432.jpg

削りました。
ナット自体もネジ山が痛んでいたので、こちらは

DSCF0431.jpg

新品を用意して

DSCF0433.jpg

取り付けています。
割りピンを入れてないので少し不安ですが、もしナットが緩んでもスプラインが抜ける事はないと思います。
しかしこのままではブーツが切れたままで車検が難しいので、内側の等速ジョイント部分を

DSCF0434.jpg

取り外して、持込されたドライブシャフトの等速ジョイント部分だけを

DSCF0435.jpg

交換しています。
本来ならば

DSCF0436.jpg

フランジ側にネジ山がなければダメですが、今回も持込された物にはネジ山がありませんでした。
なので前回同様ナットを使用して取り付けています。
関連記事