折れていた

IMG_8834.jpg

ボンネットワイヤーはまだ新品が入手出来ましたので、

IMG_8833.jpg

中古品は使わずに新品に交換しています。
これでようやくボンネットを閉める事が出来ましたが、

IMG_8847.jpg

気になっていたチリは綺麗に揃っていると思います。
この後

IMG_8860.jpg

リフトに移動して

IMG_8851.jpg

下回りの点検に入っています。
まず車検に当たって交換が必要になるのは

IMG_8852.jpg

左のステアリングラックブーツ、

IMG_8853.jpg

右のタイロッドエンドブーツ、

IMG_8856.jpg

触媒とマフラー間のガスケットの3点ぐらいでした。
次に部品が必要になりそうなのは

IMG_8855.jpg

マフラーハンガーとバッテリーのホルダー辺りですが、これに関してはお客様が用意されていると聞いていますので、それを使用したいと考えています。
それと車検には直接関係ありませんが、

IMG_8850.jpg

パワーウインドウスイッチを始め、ターンキャンセル、ライトスイッチなど交換した方が良い箇所がありますが、ターンキャンセルは新品を用意しています。
この後エンジンの

IMG_8848.jpg

最終調整に入っています。
現在冷感時の始動直後は

IMG_8849.jpg

1500rpmまで上がり、その後直ぐに1200rpm辺りまで下がり、暖気後は

IMG_8864.jpg

750rpmで安定するように合わせています。
最後に最低地上高は

IMG_8859.jpg

9cm以上あり問題ありませんが、元々液体パッキンを使用していたラジエーターホースから

IMG_8854.jpg

冷却水が漏れているので、ここに関しては何か対策をする必要があります。
関連記事