単品注文を掛けていたOリングが届きましたので、補機類の取り付けを再開しています。
元は再使用したOリングにシリコンを塗って

IMG_7661.jpg

取り付けられていましたが、画像の通りOリングから冷却水が漏れていました。
今回は新品のOリングなので、液体パッキンの使用を悩みましたが、前記事の通りアルミが腐食して段差が出来ていたので、

IMG_7665.jpg

IMG_7666.jpg

両面に薄く液体パッキンを塗って取り付けています。
取り付けに当たってボルトも錆びていたので

IMG_7664.jpg

念のためタップを当てて錆を落としてから取り付けています。
この後新品のミキシングプレートを取り付け、インジェクターを取り付けようとしましたが、

IMG_7662.jpg

画像の通り全体的に錆びていたのでどうするか悩みました。
一応導通テストでは問題無かったので、今回は錆だけ落として

IMG_7663.jpg

取り付けていますが、その取り付けのボルトも元のはサイズや種類がバラバラで、出来る限り同じ物を用意して取り付けています。
どこにどのサイズのボルトを使っているのかは

IMG_7502_20221126203328711.jpg

私のFCを確認しながらやっています。
そう言えばミキシングプレートのOリングは

IMG_7672.jpg

プラスチックのように硬くなっていました。
次にメタリングオイルポンプですが、こちらにも再使用したパッキンに

IMG_7671.jpg

液体パッキンが盛られていました。
それでもオイルは漏れていたようで、全体がオイルで汚れていましたので、

IMG_7674.jpg

出来る限り汚れは落としています。
こちらも余り状態が良くないので、取り付ける前には単体でのテストを行う予定です。
本来なら1日で補機類の取り付けは終わるはずですが、一つずつ点検及び清掃を行ってから取り付けているので

IMG_7675.jpg

今日は画像の状態までしか組めていません。
関連記事