リヤショック等を

IMG_2665.jpg

塗っていて試乗をするのが遅くなりましたが、本日計50km程行って来ました。
始めの17kmで

IMG_2656.jpg

まだオイル滲みが確認出来たのでどこからか確認してみると

IMG_2657.jpg

今回作業を見送っていたオイルパンパッキンからでした。
前に作業した方のパッキンの塗りがあまかったようです。
なので今回は時間と予算の関係上

IMG_2659.jpg

外部から液体パッキンを塗って対応しています。
念のため作業後17km程試乗してみて現在はオイル滲みが止まっているのを確認しています。
但し

IMG_2662.jpg

タービン付近のオイル汚れは直っていません。
これは以前説明した通り大気外開放になっているブローオフバルブから出ている物です。
最後に部品を交換した

IMG_2663.jpg

フロントオイルシールや

IMG_2664.jpg

リヤオイルシールからは完全に止まっています。
今回はこれで納車しますがブローオフからオイルが出ているのや、液体パッキンがあまいのをまた時間が取れる時にやられた方が良いと思います。
関連記事