本日も整備書に照らし合わせ数値に問題がある箇所の

IMG_0481.jpg

点検を続けています。
前回の記事にも書きましたが、スロットルボディを交換してからスロットルポジションセンサーのアイドル時での電圧が標準値の約0.5Vから1.1Vになっています。
なのでスロットルボディを取り外し、信号検出側のB~C間の抵抗を測ってみると

IMG_0489.jpg

0.91kΩになっていました。
次にスロットルポジションセンサーを取り外し、元のスロットルボディに取り付けて測ってみると

IMG_0488.jpg

0.48kΩでした。
おそらくこの抵抗の差がPCMの3E端子で測った電圧の差だと思いますので、ビッグスロットルでも上記の数値に近づけるよう

IMG_0490.jpg

試行錯誤しています。
現在

IMG_0491.jpg

0.51kΩまで近づけれたので、明日スロットルボディを戻しテストしてみます。
関連記事