※今月の上旬からカメラの調子が悪く一部画像データーが使えなくなったので、昨日から応急のデジカメを使って画像を撮っているので画質が悪くなっています。

お預かりした日から

IMG_199.jpg

工場内に入れて作業を進めていましたが、先にも書いた通り一部の画像が使えなくなったので、今朝から画像を撮り直しています。
まず入庫時からの現状ですが、お客様が訴えていた通りエンジンを始動すると

IMG_1911_20210611214039dce.jpg

エンジンブロックからとヘッドカバーのブローバイホースから

IMG_1913_20210611214103225.jpg

大量の白煙が出ていました。
それと冷間時のアイドル回転数は前回とほぼ同じでしたが、今回は暖気が終わっても

IMG_1915_20210611214111f15.jpg

冷間時の数値のままでした。
後元々HCの数値は高かったと思いますが、今回はCO及びHCとも

IMG_1914_202106112141047b3.jpg

かなり高い数値を示していました。
失火が疑われるのでプラグを外してみると

IMG_1916.jpg

G/W明けにLINEで送ってもらった画像とは違った焼け具合になっていました。
右端の1番はほぼ正常だと思いますが、左端の3番は

IMG_1917.jpg

完全に煤けていました。
キャブを替える前から5番は煤けていましたが、今回も

IMG_1918_2021061121411683a.jpg

同じようになっていました。
入庫前は点火系を疑っていましたが、燃調を変えてもプラグの焼け方に変化が少ないので、この後からはメカニカル面を疑って点検に入っています。
前回圧縮を測ったのは一番圧縮の数値が低くなる冷間時でしたが、暖気後もアイドル回転数に変化がないのが気になりあえて暖気後直後に圧縮を測ってみると

IMG_1920_202106112141161a9.jpg

1、2、3、5、6番は13kg/cm2で揃っていましたが、4番は

IMG_1921_20210611214116569.jpg

4.5kg/cm2しかありませんでした。
これがLINEでお伝えした大まかな原因ですが、まだ4番の圧縮が低くなる原因が特定出来ていません。
もし冷間時から圧縮に異常あるとしたら現在の冷間時の始動性が良いのとアイドリングが低いなりに回転を保てているのが疑問に思えます。
なのでお客様の知り合いの方が言われているピストンリングではなくヘッド側に異常があると思い

IMG_1922_20210611214117bd4.jpg

先にバルブクリアランスの測定を行っています。
測定した結果を先に言うと

■IN側 1番0.1、2番0.1、3番0.1、4番0もしくはマイナス、5番0.1、6番0.1

■EX側 1番0.25、2番0.3、3番0.3、4番0.25、5番0.3、6番0.25

と4番の数値に問題があるので、これも原因の一つではないかと考えています。
数値を見る限りM様のセドリックと同じような結果になっています。
明日からヘッドカバーガスケットなどが入荷するまでにバルブクリアランスの調整を終える予定で作業を進める予定です。
関連記事