事前に説明していた通り、やはり長時間熱が入るとヘッドガスケットから

006_20210328200705f5a.jpg

冷却水が漏れて来ました。
なので再度

005_20210328200658edd.jpg

ヘッドボルトを締め直した後様子を見ていますが、

014_202103282007146dc.jpg

アイドリング状態では漏れてくる事はありませんでした。
しかしレーシングを繰り返していると

015_202103282007134c5.jpg

分かり辛いですが、画像の箇所から僅かに滲んでいるのが確認出来ました。
主に漏れているのが、3、4、5番のプラグホールの真下ですが、その箇所を外していたヘッドで確認すると

016_2021032820071418d.jpg

ウォータージャケットの箇所ではなくガスケットで押さえられている平面な箇所でした。
それとこの箇所はヘッドボルト間の丁度真ん中に当たる箇所なので、やはりヘッドが反っていると思われます。
エンジンオイルには

013_20210328200712e30.jpg

冷却水が混ざっていないので、今のところ外に漏れ出ているだけのようです。
これに関しては明日打ち合わせを行いたいと思います。
次にリップですが、バンパーに当たる箇所は最終的に

009_20210328200712b93.jpg

画像のような形になっています。
仮組みを

008_202103282007125f3.jpg

してみると、僅かですが

007_2021032820071204c.jpg

隙間が出来ています。
時間を掛ければ完全に埋める事も可能ですが、エンジンの方が?なので今回はこの状態で

010_20210328200712484.jpg

塗装を行っています。
関連記事