始動が出来ない状態が続いている

001_20210127211329fe5.jpg

RX-8ですが、プラグホールから未燃焼ガスを排出してはプラグを付けてを繰り返していましたが、何度やっても

002_202101272113324e2.jpg

プラグがガソリンで濡れるだけなので点火系を疑いましたが、昨年イグニッションコイルやプラグコードは新品に交換しているので先に圧縮を測ってみる事にしました。
しかし燃焼室内にオイルが混ざったガソリンが残っていたのか

009_202101272113397fe.jpg

想定外に高い数値が出てしまいました。
リア側を測った際には

007_20210127211339272.jpg

回転数が低すぎて

008_2021012721133968c.jpg

こちらもおかしな数値になってしまいました。
但し前後とも始動不良に陥るほど圧縮は低くないと考え他の原因を考えてみる事にしました。
以前マツダのサービスが「燃焼室の1/4ほどガソリンが溜まっていて掃除が大変でした」と言っていた事を思い出し、プラグホールから

012_202101272113394ed.jpg

ファイバースコープで覗いてみましたが問題なさそうでした。
それとローターの表面に残る鋳型の跡が確認出来ましたので、カーボンの堆積も少なそうです。
結局燃焼室内のオイルやガソリンを念入りにエアーで飛ばす事によってエンジンは

013_20210127211340670.jpg

出来ました。
この後臨時ナンバーを付け試乗に出ましたが、6kmを超えた辺りで

014_20210127211341c37.jpg

警告灯が点灯しました。
早々に試乗を切り上げ、テスターでコードを調べてみると

015_202101272113437e3.jpg

以前から出ていたコードが確認出来ました。
これに関する部品は昨年の内から取り寄せていましたので、明日から取り替え作業に入ります。
関連記事