昨日全塗装を終え

001_20201210202807597.jpg

002_20201210202808ebd.jpg

帰って来ましたが、エンジンの方が間に合っていません。
実はエンジンのヘッドを

006_20201210202811568.jpg

外してブロックの方を

005_2020121020281018d.jpg

確認してみるとピストンヘッドに

008_20201210202814369.jpg

バルブが干渉した跡が見つかりました。
おそらくバルブクリアランスがくるっていたのが原因だと思いますが、シリンダーの内壁には

007_20201210202812a71.jpg

ホーニング跡も残っていて問題なさそうでしたので、本格的に

025_20201210202828a6a.jpg

清掃を行いピストンの状態を確認しています。
調整前のバルブクリアランスが0.15mmだった1番が↓

026_202012102028296b9.jpg

バルブクリアランスが0.05mmだった2番が↓

028_20201210202829c54.jpg

バルブクリアランスが0.1mmだった5番が↓

029_2020121020283037f.jpg

バルブクリアランスが0.1mmだった6番が↓

027_2020121020283014d.jpg

と4気等とも殆ど同じ傷の大きさでした。
0.2mmと一番バルブクリアランスが広かった3番は

030_2020121020283056c.jpg

やはり傷も小さくなっていましたが、バルブクリアランスが最小の0mmだった4番は

031_20201210202830d12.jpg

バルブの干渉跡も大きく、燃焼室内で何かが暴れた痕跡もありました。
ブロック内部には

024_20201210202819624.jpg

オイルスラッジもなく状態は良さそうなので、いつでも色が塗れるように

022_20201210202815ad3.jpg

023_202012102028173bb.jpg

エンジンブロックの側面は綺麗にしていますが、ピストントップの傷が気になるので、現在ヘッドの方の確認を行っています。
関連記事