一昨日クラッチペダルがいきなり戻らなくなったので、レリーズシリンダーを

DSC01107.jpg

外して確認してみると

DSC01108.jpg

錆が出てピストンが固着していました。
※錆びた原因は水分を含んだブレーキ油でした。
ピストンを抜いてシリンダー内の錆を落としてみると

DSC01109.jpg

パッキンが当たる箇所には殆ど腐食が無かったので、

DSC01110.jpg

インナーキットを取り寄せてO/Hを終えています。
しかしこれだけではまだクラッチに違和感があったので、クラッチマスターも

DSC01112.jpg

外して分解してみると初めて見るケースですが、

DSC01113.jpg

ピストンが曲がっていました。
なのでクラッチに関しては一度見直す必要がありそうです。
関連記事
スポンサーサイト