塗装を頼まれていた

021_202007292245316d1.jpg

NV350のフロントグリルですが、傷があった箇所の

022_20200729224533a81.jpg

塗膜を除けて傷を見てみると

023_2020072922453400d.jpg

傷から水分が入りメッキが浮いている状態でした。
塗膜を削るのとは違い、手間が掛かりましたが

024_20200729224536d5c.jpg

浮いていたメッキを削り、パテを

025_202007292245370c5.jpg

盛っています。
それ以外にも

026_20200729224539300.jpg

上の画像のような傷や

027_202007292245401d3.jpg

メッキの浮きが複数個所あり、目立つ箇所は

028_20200729224542faa.jpg

パテを入れていますが、全部を処理するのは費用的にもどうかと思い、細かな所は見送っています。
パテを削った後サフを

029_202007292245434c3.jpg

塗布していますが、残念ながら上記の処置程度では

030_202007292245441f2.jpg

削った周りのメッキが浮いて来ます。
明日以降手直しをしてみますが、予算的にも限界があるので、ある程度は我慢してもらうようになりそうです。
関連記事
スポンサーサイト