エンジンオイル交換ついでに点検を行っている

DSCN3463.jpg

RX-8ですが、下回りはオイルや冷却水の汚れもなく

DSCN3450.jpg

サイドシルの状態を見ても

DSCN3451.jpg

下廻りの状態は良いと思います。
ブーツなどゴム類も

DSCN3452.jpg

交換された形跡が無い割には問題ない状態でした。
しいて言えば右前のスタビライザーリンクのブーツに

DSCN3461.jpg

ひび割れがある程度です。
次にエンジン周りですが、クーラーベルトに

DSCN3453.jpg

亀裂が見られました。
ベルトは比較的新しいようでしたので、もしかするとプーリーなどに問題がある可能性があります。
それとプラグコードは社外品に

DSCN3455.jpg

交換されていましたが、プラグのターミナルを見ると

DSCN3454.jpg

腐食やリークの跡などが見られました。
圧縮測定のためT側しか外してなかったので、念のためL側も外してみると

DSCN3459.jpg

こちらも同じようになっていました。
プラグの焼け具合を見る限り

DSCN3460.jpg

失火などは起こしていないようなので、今回はターミナル部分の錆を落としてに戻しています。
近い内にプラグとプラグコードの交換をお勧めします。
最後に圧縮ですが、10万km近いオリジナルエンジンと考えると前後共

DSCN3457.jpg

DSCN3458.jpg

ありえない数値を示しています。
何度も計り直しても同じ数値を示す上に最近テスターの修理を終えたばかりなので、一応実測値だと考えられます。
なので何か他に原因があって圧縮の数値が上がっているように思えます。
関連記事
スポンサーサイト