マツダSSTのDT-S1000を持っているとコンピューターにアクセスする必要はありませんが、流石にそれは持っていないので、

009_20200312190236bf2.jpg

コンピューターのコネクターに直接テスターを繋いでテストを行っています。
ナローレンジの全閉で標準値は0.75~1.25Vですが、画像の通り1.62Vと僅かにずれていました。
全開は4.95Vと標準値の4.8~5.0Vに収まっているのでナローレンジは調整でどうにか出来そうでしたが、故障コード12の原因になったフルレンジは全閉で4.34Vと

006_20200312190236573.jpg

標準値の0.1~0.7Vから大幅にずれていました。
なので整備書の通りスロットルセンサーの交換が必要です。
それとECUですが、INTERNATIONAL MEIWA EVOLUTIONARY CABINと言った

005_2020031219023693f.jpg

余り聞きなれないメーカーの物が付いていたので詳細が不明です。
今後の予定ですが、ECUに問題がないとしてスロットルセンサーの交換を先に行ってみたいと考えています。
関連記事
スポンサーサイト