オルタネーターのプーリー交換などの軽整備で入庫している

003_20200214210247dd6.jpg

FC3Sですが、リフトに上げているついでに見る機会が少ないと思われる

004_20200214210247cfb.jpg

下回りの画像を何点かアップしておきます。
一見するとオイル漏れも無く綺麗に見えますが、フロアの一部に

010_20200214210251eb6.jpg

腐食による穴が開いていました。
その他の箇所も

011_2020021421025307f.jpg

錆びによる予備軍が何箇所かありますので、酷くなる前に早めの対応をされた方が良いかと思います。
次にHKS製のSilent Hi Powerマフラーが付いていますが、

008_202002142102481a8.jpg

ガスケットから排気漏れを起こしていました。
画像の通りマフラーパテで応急処理していた形跡がありますが、何かの整備ついでにガスケットの交換をお勧めします。
次に大きな修復暦は無さそうですが、フロントバンパーのホースメントが

015_2020021421025910f.jpg

V字に大きく曲がっているので、もしPP製のフロントカウルに歪が出るようであればご相談下さい。
※ホースメントとフロントカウルの間にある発泡スチロール製のバンパーエネルギーが入っていないので、凹む可能性があります。
フロント周りを修理した時かどうかは不明ですが、最近

014_20200214210257e1d.jpg

INとOUT共オイルクーラーホースが新品に交換されています。
おそらくその際にナイトスポーツ製のラジエーターに交換されているようです。
タービンも最近

012_20200214210254917.jpg

リビルトに交換されていたり、ミッションに

006_2020021421024641f.jpg

007_20200214210247aa9.jpg

ジャッキによる新しい傷が確認できたのでリビルトエンジンに交換されているのかと思いましたが、オイルパンの状態を見る限り

013_202002142102565f5.jpg

エンジンはオリジナルのようです。
触媒も

009_20200214210250311.jpg

SARD製のスポーツキャタライザーに交換されていたり、ブレーキディスクも

016_202002142103018a9.jpg

スリット入りを使用しているので、上の内容からしても色々と手を掛けているようです。
レリーズシリンダーやクラッチマスターも

018_202002142103022ae.jpg

アッセンブリーで新品に交換されているので、ミッションの傷から推測してクラッチもO/Hされている可能性が高いです。
最後に試乗を行った際にステアリングの切れ角に違和感がありましたので、

005_20200214210247215.jpg

タイロッド周りを見ていますが、目視では問題ないように見えます。
車高調のBLITZ製のDAMPER ZZ-Rもまだ新しそうに見えるので、大丈夫かとは思いますが念のためフロントの足回りは点検しておきます。
関連記事
スポンサーサイト