漏れていた燃料ホースは受注生産で2週間ほど掛かると言われたので、

014_20190924200615e53.jpg

分解してテストには耐えれるレベルの

026_20190924200616eeb.jpg

配管を作っています。
これでフューエルデリバリーに

022_20190924200616743.jpg

020_20190924200615c70.jpg

規定の燃圧が掛かるようになりましたが、セルを回すと初爆のみで止まってしまいます。
※規定の燃圧は2.55±0.2kg/cm2です。
なので次はプラグを確認しましたが、

015_20190924200615678.jpg

1番シリンダーのプラグが他と焼け具合が違うので、圧縮を計ってみると

018_201909242006152db.jpg

4番シリンダーは下限値の9kg/cm2を僅かに超えていましたが、残りのシリンダーはすべて

017_201909242006158a9.jpg

7kg/cm2でした。
※圧縮圧力基準値:12.6kg/㎠ 下限値:9.0kg/㎠ 圧力差:1.0kg/㎠
イリジウムプラグは清掃不可なので、ここまで汚れていると基本交換ですが、テストさえ出来れば問題ないので

019_20190924200616c30.jpg

簡単に清掃を行い取り付けています。
取り付け後に点火状態を確認していますが、今のところ正常に点火出来ているようです。
圧縮は僅かに低いですが、燃圧、点火状態は正常なのでCPUなどに原因があると考えられます。
しかしこれ以上作業を進めて行くと費用が掛かるので、今回はここで一旦作業を止めておきます。
関連記事