冷却水漏れで入庫している

021_20190921210231bd7.jpg

RX-8ですが、ラジエーターテスターを繋いで見ましたが、

IMG_20190917_104015.jpg

全然圧力を掛けれない状態でした。
しかし漏れている箇所は目視で確認する限りラジエーターで間違いなさそうなので取り外しに入っています。
その際に気になった点が何箇所かありましたので画像をアップしておきます。
まず下回りですが、アンダーパネルのネジやクリップが

025_201909212102348ee.jpg

一箇所も止まっていませんでした。
なので作業が終わった後に

037_2019092121024114e.jpg

きちんと止め直していますのでご安心下さい。
それとエンジンオイルパン辺りに

038_2019092121024306f.jpg

オイルが付着していましたので、こちらも作業が終わった後に

049_201909212104155b0.jpg

洗浄していますので、またオイル交換の際にでも確認してみて下さい。
後エアクリーナーボックスを外す際に付いたと思われる傷が

023_20190921210232032.jpg

かなりありましたので、何かしらの整備は行っていたようです。
ラジエーターを下から

027_20190921210235d71.jpg

取り外し、確認してみると

028_201909212102375d8.jpg

サブタンクから来るホースが繋がっていた箇所が折れていた以外は問題なさそうでしたので、原因はここで間違いないようです。
なのでKOYO製の

034_20190921210238026.jpg

ラジエーターを取り寄せて

036_201909212102390b4.jpg

041_2019092121024643e.jpg

取り付けに入っています。
その際にRX-8でお約束になっているアースの接点は

039_201909212102441fd.jpg

修正後取り付けています。
ラジエーターの作業が

051_201909212104160aa.jpg

終わった後配線が切れていたフォグも

042_20190921210247feb.jpg

正常に点灯するようにしています。
次にプラグですが、

043_20190921210248907.jpg

画像の通り錆が見られるのと

044_20190921210250456.jpg

かなり汚れていますので、近い内にプラグとプラグコードの交換をお勧めします。
気になる圧縮はフロント側が↓で

046_20190921210252554.jpg

リア側が↓の

047_20190921210413936.jpg

数値になっています。
※標準値:830kpa(250rpm)、限度値:680kpa(250rpm)、三室差:150kpa以内、ロータ差:100kpa以内
フロント側の数値が良くないので、これ以上悪化しないように定期点検は行った方が良いかと思います。
最後にエンジンの警告灯が

IMG_20190917_104225.jpg

点いていた件ですが、当初は水温、ノック、O2の3点でしたが、現在はO2のみになっています。
O2センサーはライブモニターを見ても異常が分かるので、早めの交換をお勧めします。
関連記事