お盆中

001_20190822222443c35.jpg

工場には入れて点検作業は行っていましたが、明けから

002_20190822222444073.jpg

本格的にエンジン調整に入っています。
暖気後に排ガスを見てみると

015_20190822222446e97.jpg

正常な数値から数十秒ごとに

017_20190822222447612.jpg

HC(炭化水素)が一気に上昇する事が確認出来ました。
※排ガス中の炭化水素の殆どは未燃焼燃料です。
なのでミスファイヤを疑い、まずはプラグを

020_20190822222450a64.jpg

外してみると、2番シリンダーのプラグが

019_20190822222449abc.jpg

他とは違った焼け具合になっていました。
※画像の左から2番目です。
前回は2と4番シリンダーの圧縮が低かったので今度は接触温度域で圧縮を計ってみると1・・12kg/cm2、

021_20190822222452e1c.jpg

2・・10.1kg/cm2、3・・13kg/cm2、4・・9.9kg/cm2、5・・11.9kg/cm2、6・・11.9kg/cm2、とほぼ前回と同じ結果になりました。
バラつきはありますが、ミスファイヤを起こす程とは思えませんので、引き続き原因を探してみます。
関連記事
スポンサーサイト