エンジンの塗装を行う前に

IMG_2677_20190606144634900.jpg

パワステポンプやウォーターポンプなど補機類の取り外しを行っています。
ウォーターポンプを外した際に気が付いたのですが、クランクシャフトのダンパーが

IMG_2678_201906061446357a5.jpg

タイミングチェーンカバーに当たっていました。
プーリーを外すとよく分かるのですが、ダンパーが奥側に

IMG_2679_20190606144637374.jpg

抜けています。
なのでこの箇所は予定にはありませんでしたが新品を取り寄せる必要があります。
すべての部品を取り外し

IMG_2680_20190606144638dce.jpg

溶剤にて

IMG_2681_20190606144640fb4.jpg

オイル等の汚れを落としています。
洗浄後

IMG_2684.jpg

洗剤などが完全に乾くのを待つ間に

IMG_2683.jpg

ガスケット類の取り除きを行っています。
それとオイルパンに

IMG_2686.jpg

かなりの錆が見られましたので

IMG_2699_20190606144720d8d.jpg

出来る限り取り除いてから

IMG_2702_20190606144724283.jpg

塗装を行っています。
赤色を希望されていたので、エーデルブロックのエンジンに使用されている赤を使い

IMG_2700.jpg

IMG_2701.jpg

塗装を行っています。
ここまでは順調でしたが、本日タペットの点検を行っていると5番シリンダーIN側のプッシュロッドに遊びがあるのが分かり、ロッカーアームをよく見ると

IMG_2703_20190606144726032.jpg

スプリングワッシャーが挟まれていました。
ロッカーアームを取り除いてみると

IMG_2706_20190606144729e00.jpg

支点になるボルトが右のEXのボルトに比べ1cm程度抜けてる状態でした。
ボルトも画像の状態に削れ、入れていたステンレス製のワッシャーも

IMG_2708_20190606144731614.jpg

削れて段差が出来ているので、入れられてからかなりの時間が経っていると思います。
ここまで抜けてると簡単に外れるかと思い、ダブルナットを入れて軽く回してみましたが

IMG_2705_201906061447271d7.jpg

まったく動かないので、おそらく力を入れると折れると思います。
関連記事
スポンサーサイト