昨年の内に外装の小物を取り外していたコブラですが、現在塗装に出す前の最終作業に入っています。
まずエンジンとミッションの取り外しに掛かりましたが、画像の通り

004_20180111193402cd7.jpg

003_20180111193401846.jpg

オイル漏れが確認出来ていますので、取り外した後修理に入る予定です。
ミッションの取り外しを

005_201801111934030d3.jpg

終え、サイドマフラーを

006_20180111193404008.jpg

取り外していつでもエンジンを

009_20180111193447311.jpg

取り外せれる状態にしています。
年末に電話にてお話していたフェンダーベントですが、

010_20180111193449a4a.jpg

画像を見る限り一見アルミ地肌のように見えますが、実際にはシルバーに塗装されていました。
取り外すにしても

011_2018011119394002f.jpg

かなり困難なので、取り外さずにどうにか綺麗にする方法を考えてみます。
それとマフラーの熱にさらされる

007_20180111193406ef9.jpg

フェンダーの対策も現在検討中です。
次にボディに

014_2018011119390877f.jpg

穴あけが必要な

010_201801112017477b9.jpg

ロールバーの取り付けですが、コンテンポラリー製のコブラの場合

427scchassis121401.jpg

画像のようにフレームにブラケットを溶接して取り付けるのですが、この車両はその部分に

012_2018011119390551c.jpg

013_20180111193906e62.jpg

スタビライザーがあって取り付けが出来ません。
なので

diagram-of-a-65-shelby-cobra-427-print-by-sebastien-sauvadet-p2406-5333_zoom.jpg

画像を元に取り付け位置を決めて別の方法で取り付けてみます。
関連記事