お客様の依頼で取り寄せていた

012_20170927205413168.jpg

グロリアの燃料タンクですが、

013_2017092720541574c.jpg

内部の錆を可能な限り

014_201709272054164e9.jpg

015_201709272054185f8.jpg

落とす作業に入っています。
しかし元々錆が酷かったため

022_201709272057507bc.jpg

通常の錆落しでは無理でした。
それと矢印の箇所からは

016_201709272054194e9.jpg

勢い良く洗浄剤が出て来ましたが、ガソリンが流れるパイプが詰まっていました。
なのでタンクのリペアにはもう少し時間が掛かりそうです。
関連記事