左右共

006_20170926211500cab.jpg

オイルが抜けてしまっている車高調整の取り替えですが、「交換する際にもう少し低くしてください」と言われていたので、現在の車高を計ってみると

001_20170926211456254.jpg

約12cmなので後3cm程低くする予定です。
丁度リアフェンダーの隙間が

003_201709262114590bb.jpg

約3cmなのでこれを無くすような感じで調整したいと思います。
元の車高調整と持ち込みされた物を比べてみると

005_20170926211500030.jpg

スプリングだけでも3cm程短いので、

007_2017092621150343f.jpg

元と同じようにアジャスターを取り付けてみましたが、これでは殆ど車高が下がりませんでした。
なのでアジャスターの代わりに

008_201709262115439ab.jpg

スプリングシートを取り付けて

010_20170926211545acf.jpg

リアの車高を調整しています。
これでリア側のジャッキアップポイントの高さが

012_20170926211548e59.jpg

約20cmになり、フロント側が

013_201709262116356c3.jpg

約22cmなのでフロント側は約2cm程下げる予定です。
そのフロントの車高調整ですが、

014_20170926211611c36.jpg

アジャストブラケットが固着して回らなかったり、アッパーマウントの取り付け部分に

015_2017092621161303d.jpg

カバーがあって減衰力の調整ダイヤルが干渉したりと少し手間取りましたが、

025_2017092621161665c.jpg

画像の状態にしています。
後フロントのキャンバーは例のカバーが邪魔して後で調整が出来ないため

016_2017092621161498c.jpg

5つ目盛りがある中の3番目に合わせています。
これでフロントは

027_20170926211617c28.jpg

約1°のキャンバーが付いています。
しかしリア側は

028_20170926211637ae8.jpg

約4°近く付いていますのでタイヤの偏磨耗にはご注意下さい。
逆に言えばキャンバー付いているおかげで

011_201709262115469bb.jpg

フェンダーの耳との干渉はありません。
関連記事