FC2ブログ
post image

タホ 車検整備③

GM

昨日の内に取り寄せていた貼り付けタイプのサイドウインカーを取り付けて、LEDテールに交換されてリフレクターの面積が足りないので反射板を取り付けて本日車検を通して来ました。点灯してなかったシートベルトの警告灯は単にバルブが切れてたりシートベルトのキャッチの不良ではなく、メーター裏のコネクターの画像の箇所に12Vが来ていないのが原因でした。なのでフロア下の配線からすべてをやり直して修理を終えています。その際...

post image

FD3S 給油口の不具合

「フロント側の車高をもう少し上げて下さい」との事でしたので1cm上げて現在は画像の状態にしています。逆にリア側は1cm下げて画像の状態にしています。これでも最低地上高は9cm以上あるのでご安心下さい。次に給油口が開き難かった件ですが、画像の箇所を削って、ボディ側の※削った箇所は白くなっている箇所です。折り返しになっている部分を切り取って給油に差し支えない程度に開く状態にしています。取り付けボルトを画像の長い...

post image

タホ 車検整備②

GM

車検整備中のタホですが、オートマのオイルパンに付いているATFは一見オイルパンのガスケットから漏れているように見えますが、原因はおそらくセレクター部位のオイルシールからだと思います。確認するために下回りの整備が終わった後に洗浄しています。次に持込されていたPIAAのワイパーブレードですが、装着してみると助手席側の端が浮きます。拭き取りはほぼ正常に出来ていますが、やはり右端の方に拭き残しが出ます。それとリ...

post image

タホ 車検整備①

GM

車検整備中のタホですが、リアナンバーの一部がバンパーと被って見えないのでナンバーステーを取り外して穴の位置を加工してぎりぎり見えるようにしています。今年の4月から「ナンバープレートの表示に関わる新基準」が公表されていますので、リアナンバーはこのままの状態にしておきます。次に取り寄せていた変換アダプター※が届きましたので、本日から※PT規格の物は取り付けが出来なかったためNPT規格の物を取り寄せています。各...

post image

ムラーノ 車検

車検でお預かりしていたムラーノですが、納車時にお話していたタイヤの画像をアップしておきます。まず画像のネジが刺さっていた箇所は左リアの画像の箇所になります。ネジを抜いてもエアー漏れは無かったので今回はパンク修理などは行っていませんが、念のために空気圧を定期的に点検してください。次にタイヤの片減りですが、リアタイヤは左右共センターは5mm程度残っていても内側はスリップサインが出ている状態です。次にフロ...

post image

キャリー 車検

車検でお預かりしているキャリーですが、農繁期しか使っていないのでエコノミープランで車検を考えていましたが、右リアのタイヤに大きなひび割れがありますのでリアタイヤ2本を新品に交換します。後エンジンオイルも平成22年を最後に交換されていないようなので交換しておきます。...

post image

FD3S 車検整備

先週にはリアフェンダーのアーチ上げ※も終わり、大きな穴が開いていた※詳しくはコチラから。サイドステップの修復に入っています。簡易的に直して部分塗装を行う予定でしたが、補修箇所が多かったためステップ全体を塗装し直しています。これで外装はほぼ完成しています。明日の車検に向けて本日から車高の調整やブレーキパッドの交換作業に入っています。ついでに圧縮の測定も行っていますが、フロント側が0.88MPa、0.90MPa、0.87...

post image

スカイライン 修理③

昨日下ろしたエンジンの分解を終えましたので報告します。まず原動機の型式の下に刻印されている数字が車体番号と一致しません。しかし一部の車両ではそうではない場合もあるのでこの辺りについてはディーラーで調べておきます。それと低走行のエンジンの割には一度ヘッドカバーを開けた痕跡がありました。エンジン及びミッションを外さなければ塗装出来ない箇所をシャーシブラックで塗装しているのも気になります。次に分解途中か...

post image

クレスタ アライメント調整

フロントのアライメント調整とプラグの交換で入庫していたクレスタですが、元のプラグを見る限り燃焼状態は良好のようです。それとフロントのアライメント調整ですが、車高の関係上アライメントテスターには乗せれないと判断して今回は簡易調整を行っています。車高は右前/56.8cm、左前/56.8cmと揃っていましたが、キャンバーが右前/2.4度、左前/3.3度と約1度狂っていました。それとトー角がIN8mmとなっていましたので、キャンバー...

post image

JEEP スターターモーター取り替え

スターター不良でエンジンの始動が困難だったJEEPですが、スターターを外して分解してみるとブラシが磨耗していてコミュテータも焼けている状態でした。なので社外新品を取り寄せて交換しています。これで始動についてはまったく問題なくなりましたが、まだ他に気になるところがありますので後日ご連絡します。...

post image

スカイライン 修理①

走行距離が実走行2万km台のスカイラインですが、リフトに上げて本格的な作業に入りましたので報告します。まず下回りは錆も殆どなく綺麗な状態でした。あえて言うとリアマフラーに溶接での補修跡があり、燃料ポンプの配線に手を加えた跡があるぐらいです。しかしエンジンは言われていた通り不動の状態でした。冷却系は数年間放置されていてもまったく問題ない状態でしたが、1番シリンダーの中をファイバースコープで覗いてみると折...

post image

FD3S アーチ上げ加工

色々と作業を行っているFDですが、G/W中にリアフェンダーの塗装を終えていましたので、昨日からフェンダーのアーチ上げ加工を行っています。昨日までにカットを終え本日溶接を行うまでの作業を終わらせています。明日以降溶接を行って来ますので、週末には外装の作業はすべて終えている予定です。...

post image

ハイラックス オイル漏れ修理

オイル漏れ修理で入庫しているハイラックスですが、G/W前にエンジン右側全体がオイルで汚れていたのを洗浄していたので原因が特定出来ました。まずおそらくここだろうとお話していたデスビの付け根のOリングから漏れていました。それと画像のオイルプレッシャーセンサーからも漏れていて、オイルフィルターの取り付け部位からも漏れていました。上記の3箇所から漏れていたのでエンジンルームの右側がオイルで濡れているようになっ...

post image

ハイエース 車検整備

車検でお預かりしているハイエースですが、タイミングベルトの交換時にウォーターポンプをどうするか悩んでいましたが、下回りの確認時に冷却水が漏れた跡がありましたので今回は交換します。それとステアリングラックからパワステオイルが漏れていましたので、こちらも後で確認をしておきます。...

post image

トレイルブレイザー ミッション不調

GM

ミッション不調でG/W前から入庫していたトレイルブレイザーですが、遅くなりましたが本日から作業に入っています。まずメーターに表示されている「ブレーキシステム イジョウ」はミッションの不調には関係ないかと思います。エンジンチェックが点灯しているのがミッション関係で、エラーコードはU0101となっています。※U0101はトランスミッションコントロールモジュールとの通信エラーです。考えられる原因は・Faulty Transmission...

post image

ランクル 車検

車検でお預かりしていたランクルですが、下回りはオイル滲みもなく比較的綺麗な状態でした。しかし納車時にお伝えした通りドライブシャフトブーツから左右共グリースが滲み出ていました。下回りを洗浄した後に再度確認していますが、今のところグリースの飛散は確認出来ていませんので、オイル交換時などにでも定期的に確認して下さい。もしも画像の状態より酷くなっていた場合はご連絡下さい。...

Naoki Matsumoto
Page top