FC2ブログ
post image

ロードスター アイドリング不調③

前回の続きですが、配線の断線、短絡点検を終え問題が無かったので、念のためラピッドに繋がる配線を全て外し純正のECU制御に戻し再度クランクシャフトポジションセンサーの点検を行うとイグニッションONで0.34V、レーシング時に4.8Vと基準値になる事が分かりました。※基準値、イグニッションSW ON時約0.3V、アイドル時約0.5V、レーシング時約4.5Vアイドル時にも4.8Vを示していますが、整備書に記載されている0.5Vの表記が間違って...

post image

ロードスター アイドリング不調②

ソフト面に問題がないと考えハード面を中心に点検作業に入っています。まずアイドリングに直接影響しそうなスロットルボディやISCソレノイドバルブの点検を行っていますが、ISCソレノイドバルブの抵抗値が標準値の8.7~10.5Ωを僅かに超える11オームを示した程度で特に問題があるようには思えませんでした。念のために元に戻す際にスロットルコートを塗布し直しています。それと可変慣性吸気システムもチェックしていますが、こちら...

post image

ロードスター アイドリング不調

アイドリング不調で入庫しているロードスターですが、今年の4月にラッピッドを取り付けた時から僅かに回転が上下する症状は確認出来ていましたが、今回暖気後にテスターで確認してみると一番数値が上下するところで300回転近くも差が出ていました。4月の時点ではここまで回転の上下はしていなかったので、再度ベースアイドルの調整などを行ってみましたが、変化は見られませんでした。なので翌日にマルハモータースに確認してみま...

post image

ロードスター エンジン調整

コロナの影響で遅延が出ていて入荷が遅れていましたが、昨日エアクリーナーが届きましたので、本日取り付けを終え、エンジン調整に入っています。アイドリングは850rpm辺りに合わせていますが、純正のメーターでは分からない範囲での回転の上下があります。排気ガスは始動直後はCOが高い数値を示していますが、暖気後はHCが高い数値を示しています。この辺りについては納車時に詳しく説明したいと考えています。4ヶ月近く掛かって...

post image

ロードスター ラピッド取り付け

初期プログラムが終わったラピッドが本日届きましたので、昼から取り付けに入っています。このロードスターにはマキシムワークス製のエキマニが入っているので、純正のO2センサーは2番と3番シリンダーの排ガスを見ています。なので1番や4番とバランスが悪ければ正確なフィードバックが出来なくなるので、先に圧縮の測定を行っています。結果は1番から14kg/cm2、14.2kg/cm2、14kg/cm2、14.2kg/cm2となっていて圧縮は問題ありません...

Naoki Matsumoto
Page top